• 河合綾子

赤字を持ち越せる?

前回のブログでも少し書いたのですが、「損失の繰越」についてお話しします。

これから事業を始めようと考えている方でしたら聞いたことやネットなどで読んだことがあるかもしれませんね。

所得税や法人税の計算は暦年、または事業年度で行うものであり基本的にはその期間で完結するものです。

ですがその1年業績が良かったからと言って事業が潤うわけではありませんよね。

過去に大きな赤字があれば資金繰りが苦しいことも多々あります。

このような場合を考慮し、例外的に一定期間「損失の繰越控除」をすることが出来る制度を所得税法、法人税法でそれぞれ設けています。

(所得税について、ここでは「純損失の繰越控除」に限定させて頂きます。)


例えば1年目が100万円の赤字、2年目が100万円の黒字だったとします。

この制度を利用しないと2年目は100万円に対して税金がかかってしまいますが、利用した場合は所得が「100万-100万=0円」で税金は発生しません。


繰越をすることが出来る期間は所得税の3年間に対し法人税は9~10年(発生した時期によって変わってきます)と長く有利になっていますが、赤字が続くことを想定して事業をされる方はいないと思いますので、個人か法人かの判断基準というよりはこういった制度があるということを知っておいて頂ければいいのではないかと思います。

また所得税・法人税のいずれも、この制度を利用するためには青色申告の承認を受ける必要があります。

起業1年目は利益が出にくいと思いますので開業届・設立届と一緒に青色申告の承認届出も忘れずに提出してするようにしましょう!

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

創業計画書:融資は受けるべきか

前回事業計画書の必要性について書きましたが、今回は融資を受けるべきかどうかお伝えします。 大きな設備投資が必要であればもちろん必要ですが、初期投資が必要ないビジネスや自己資金が潤沢な場合、できれば借入はしたくないと思うのが普通だと思います。 ですが将来的に事業を大きくしたい気持ちがあり、融資を受けることができる状況であるならば受けることをお勧めします。 理由の一つとして創業時は融資が通りやすいこと

民泊と税金

オリンピックまで2年とちょっとですね、もしかしたら民泊を考えている方もいるのではないでしょうか。 というわけで今日は民泊をした場合の税金計算についてです。 民泊で旅行者を自宅に泊めて受けった金額からかかった経費を差引いた残額、利益分に対して税金が課されるのですが、この利益が20万円以下の場合「会社員で確定申告をする必要がない方」であれば税金はかかりません。 ここで「会社員で確定申告をする必要がない

創業計画書:作るべき?

今回からは創業計画書(事業計画書)の書き方にについてお伝えします。 「融資を受けないのですが、計画書は作った方がいいですか?」といった質問を受けることがありますが、作った方が良いです。(^^; 確かに融資を受けないのであれば作らなくても事業は始められますし、ご自身の頭の中で構想は出来上がっているとおもいます。 必要な理由として、一つはご自身のことや事業の構想や思いを文字にすることで整理がされ、強み

​📞080-4334-2192

〒247-0055

神奈川県鎌倉市小袋谷2-6-6