• 河合綾子

消費税増税、軽減税率で表示はどうなる?

来年10月からいよいよ消費税が10%になりますね。

10%なんて考えただけで嫌になりますが、低所得者保護のため「酒類と外食を除く飲食料品」は軽減税率が適用、つまり8%のままになるようです(^^)

せめてもの救いですね!


消費税についてはこれから政府等からいろいろな情報が発信されるかと思いますが、中小企業庁が価格表示方法についての例示をホームページに示しました。

税抜き・税込みということではなく、同一の商品で税率が異なる場合についてです。

というのは、軽減税率の適用除外となる外食にはイートインコーナーなどでの食事も含まれるため、同一商品でも8%の場合と10%の場合の両方が出てくるからです。

いくつかの具体例が示されましたが、結論としては事業者ごとの判断で良いようです。


例えば

① ハンバーガー 330円(324円) ※ ( )内はテイクアウトの値段となります。

② 惣菜     162円(店内飲食 165円)

③ かけそば   756円 ※店内飲食の場合税率が異なりますので、別価格となります。


ちょっと分かりにくいのは税込金額を統一する場合

④ あんぱん   350円 → 8%の場合:税抜価格 324円、消費税 26円

              10%の場合:税抜価格 319円、消費税 31円


皆さんはどれが分かりやすいですか?

お店によって違うことになりますので、混乱してしまいそうですね(^^;


補足ですが、今は特例によって税抜表示が認められていますが本来は税込表示が原則です。

この特例は2021年3月までの予定ですので、それまでは税抜表示・税込表示の両方が混在して、ますます分かりにくくなりそうですね。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

創業計画書:融資は受けるべきか

前回事業計画書の必要性について書きましたが、今回は融資を受けるべきかどうかお伝えします。 大きな設備投資が必要であればもちろん必要ですが、初期投資が必要ないビジネスや自己資金が潤沢な場合、できれば借入はしたくないと思うのが普通だと思います。 ですが将来的に事業を大きくしたい気持ちがあり、融資を受けることができる状況であるならば受けることをお勧めします。 理由の一つとして創業時は融資が通りやすいこと

民泊と税金

オリンピックまで2年とちょっとですね、もしかしたら民泊を考えている方もいるのではないでしょうか。 というわけで今日は民泊をした場合の税金計算についてです。 民泊で旅行者を自宅に泊めて受けった金額からかかった経費を差引いた残額、利益分に対して税金が課されるのですが、この利益が20万円以下の場合「会社員で確定申告をする必要がない方」であれば税金はかかりません。 ここで「会社員で確定申告をする必要がない

創業計画書:作るべき?

今回からは創業計画書(事業計画書)の書き方にについてお伝えします。 「融資を受けないのですが、計画書は作った方がいいですか?」といった質問を受けることがありますが、作った方が良いです。(^^; 確かに融資を受けないのであれば作らなくても事業は始められますし、ご自身の頭の中で構想は出来上がっているとおもいます。 必要な理由として、一つはご自身のことや事業の構想や思いを文字にすることで整理がされ、強み

​📞080-4334-2192

〒247-0055

神奈川県鎌倉市小袋谷2-6-6